ソラマドさいたま

家事は苦手・得意?

 

「ソラマド」の家のプランを打合せしていて、よく奥様とバトルになるのが、収納に関することです。「うちは物がたくさんあるから、これだけの収納ではとても足りない」。大抵の方がそうおっしゃいます。

でも、ちょっと待って。すっきりとおしゃれに暮らしたいんですよね?それなら、持ち物をまず、すっきりとさせなくてはいけないのでは?

そういうわけで、お施主様に「新しい家に絶対に必要な物リスト」を作ってもらいます。そうすると、あら不思議。ぜったいに必要な物って、そんなにたくさんはなかったんだ、とみなさんおっしゃいます。

 

 

 

豊かで、物があふれている日本。「だから、捨てる心得が必要なの」と言うのは、100万部のベストセラー『捨てる!技術』の著者であり、『家事塾』を主宰する辰巳渚先生。「ソラマド」の家の、『家事セラピストの養成講座』の講師でもあります。辰巳先生のアドバイスをちょっとご紹介しましょうか。

 


家事セラピスト養成講座の様子
ソラマドスタッフも受講中です

辰巳先生は著書の中で、こんな言葉を投げかけています。

「ソラマド」も全く同感です。家のコトは生きるコト―。
だから、ソラマドファミリーの暮らしが、どんどん自分らしく変わっていくための、お手伝いをしたいのです。

 

 

「ソラマド」では、広いオープンな空間をつくり、家族の成長に応じて、場をつくり変えていくのが自然なことだと考えています。何も難しいことはありません。子供が小さい時には、家族が集まるところが子供部屋であり、ダイニングであり、リビングでもあることでしょう。学校に行くようになれば、キッチンが勉強部屋になるかもしれません。

そんな時、オープンな空間であれば自由にコーディネートすることができます。発想の数だけ、間取りがある家。そんな風に思っていただいてもいいでしょう。